AxiDraw ユーザーガイド

From Evil Mad Scientist Wiki
Revision as of 11:01, 16 May 2019 by 118.2.112.60 (talk) (概要 AxiDrawを使ってみましょう!)
Jump to: navigation, search
  This wiki page is part of our AxiDraw documentation

Please click here to return to the AxiDraw overview.
  ※ このページは、英語に不慣れなユーザーにより、Googleによる機械翻訳を元にして作成していますので、翻訳が間違っている可能性があります。もし、問題が生じた場合には、翻訳元の英語ページを参照してください。
※ 正しい翻訳が出来る方は編集しても構いませんが、文章を削ることは避けてください。


概要

このページでは、PDFファイルのユーザーガイドから、「最低限にAxiDrawを動かすために必要な情報のみ」を厳選して記載します。詳細については、PDFファイルをダウンロードして確認してください。

AxiDrawを使い始めるための手順は、次のとおりです。
  1. ソフトウェアをインストールします。
  2. プロット出力するアートワークを開くか、作成します。
  3. 手でキャリッジを左上のホームコーナーに移動します。
  4. 電源ケーブルとUSBケーブルを接続します。
  5. ペンアップとペンダウンの高さを確認します。
  6. ペンと紙をセットアップします。
  7. AxiDrawソフトウェア内からプロット出力を開始します。


インストール (P.15)

AxiDrawを操作するには、コンピューターにソフトウェアをインストールする必要があります。

Inkscapeとその拡張機能
ソフトウェアをインストールしたら、Inkscapeを起動します。AxiDrawソフトウェアは、「メニュー」の「エクステンション」 > 「AxiDraw」に表示されます。すべての機械制御はAxiDrawコントロールパネル内から実行されます。もう1つの拡張機能であるHatch Fillも提供されており、形状の記入に役立ちます。

ホームコーナーへ位置合わせ (P.16)

作図を始める前に、ペンホルダーをホームコーナーに移動する必要があります。ペンホルダーがベースの左側に最も近いところ、つまりペンホルダーが「Home」の刻印付きラベル、およびUSBポートに近づいているところです。PositionIndicatorHomeCornerプロットが終了すると、AxiDrawは自動的にホームコーナーに戻り、次のプロットに備えます。キャリッジを手でホームコーナーまでスライドさせます。ペンホルダーの垂直面の後ろ側にある硬い金属ブロックを持って、斜めに動かすことができます。ペンホルダーの垂直面を直接押さないでください。

キャリッジは、モーターへの電源がオフになっているときにのみ移動してください。それが簡単に動かない場合は、あなたがそれらを強制しようとしていないようにモーターをオフにします。これを行うには、Axi-Draw Controlの[設定]タブの[ペンを上げてモーターをオフにする]コマンドを使用します(22ページを参照)。必要に応じて、AxiDrawを電源から物理的に切断することもできます。

工作物 (P.17)

AxiDrawが書いたり描いたりするどんな工作物でも - それがパーペイ、木材、あるいはクッキーであろうが - 作図中に動かないように適所に固定する必要があります。

大きなワークへの印刷
ここに示されている大きなポスターボードのような大きなワークでは、AxiDrawをワークの真上に置くことができます。 AxiDrawが座ることができる他の大きな工作物の例は布、木の表面、または大きなホワイトボードのようなものを含むかもしれません。いくつかのぎこちない形の工作物(額縁アート、不規則なオブジェクトなど)で、あなたはAxiDrawは、高さを達成するのに十分な高さになります。
Clip Easelを使用したワーク保持
クリップ付きのシンプルなボード、Clip Easelは、小さいサイズのワーク(主に異なる形状とサイズの紙)を保持するのに十分な大きさではありません。 AxiDraw自体によってダウン。これは、AxiDrawを使い始めるときに用紙をマウントするのに最適な方法です。AxiDrawV3 Clip Easelのサイズは9×12インチ(約23×30 cm)で、ゴム足と4つの小さなバインダークリップが付いています。米国のレターサイズ(またはA4)の用紙、封筒、カード、招待状などの小さいサイズを含めて、さまざまなサイズを取り付けることができます。小さい紙では、同時に複数の部品をマウントすることもできます。クリップは、紙を平らに保持するために必要に応じて配置することができ、あなたが書く予定の領域を避けることができます。
  • A)記入する証明書(レターサイズ、横向き)
  • B)郵送先住所(#10封筒、横向き)
  • C)正式な招待状(6⅜×8⅞インチ、縦向き)
  • D)テキストと図面が混在するページ(レターサイズ、縦向き)

どの場合でも、用紙の角がホームコーナーに最も近くなるように、クリップのイーゼルの左上隅に合わせます。文書の幅が横長(正方形)よりも幅が広い場合は、横長になっていると言われ、上の例AおよびBのように紙の方向を設定する必要があります。幅が幅よりも高ければ、縦向きです。上の例C)とD)のようにあなたの紙を「横に」向けてください。 6.3複数のクリップイーゼルの使用一般的な方法は、完成したワークピースを次のクリップイーゼルにすばやく取り替えることができるように、複数のクリップイーゼルを使用することです。 1。主な利点は、次のページのクリップを外してクリップしている間に1ページを印刷できることです。すばやい調整を容易にするために、テーブルにテープマークまたはハードエンドストップ(大工の四角のようなもの)を使用することができます。§6.2、クリップイーゼルによるワークホールディング、続き

電源とUSBの接続 (P.19)

電源とUSBの接続次のセクションで、ペンの高さを設定するときは、AxiDrawを差し込む必要があります。

  • ケーブルを接続したら、AxiDrawに移動の余地があることを確認してください。キャリッジが(左右、前後に)移動すると、浮遊ケーブルに引っかからないようにすることが重要です。USBCablePower Adapter CableA第2の方法は、ワークピースが機械の作業領域よりかなり小さい場合に使用できます。 。たとえば、小さなノートカードにAxiDrawでラベルを付ける場合、または2つのA4サイズのページをAxiDraw V3 / A3またはAxiDraw V3 XLXで印刷する場合です。 2つの小さなイーゼルを並べて使用すると、1つの「A」と1つの「B」を指定することができます。

簡単な組み立て

ペンクリップ
AxiDrawは、ペンクリップを外した状態で出荷されます。 次のセクションを見てください。
ペンリフトモーターケーブル
ペンリフトモーターケーブルは出荷時に取り外されています。取り外したケーブルの端をベースの左側に合わせます。ケーブルには、「黒、赤、白」の3本のワイヤがあります。(PDFファイル 10ページの)図に示すように、コネクタをEBBコントロールボードの下の3つのピンに差し込みます。 黒い線が、ボードの端に向かって後ろ向きになるよう接続してください。


ユーザーガイドのダウンロード

あなたのAxiDrawのバージョンにあった、正しいユーザーガイドの「PDFファイル」をダウンロードしてください。

AxiDraw V3 ユーザー

  • AxiDraw V3 User Guideをダウンロードしてください。(10 MB PDFドキュメント)
    • これは、2018年8月14日付けのAxiDraw V3ユーザーガイドバージョン3.7です。
    • これはAxiDraw V3、AxiDraw V3 XLX、AxiDraw V3 / A3、およびAxiDraw SE / A3を含むAxiDrawの現在の生産モデルのためのマニュアルです。
    • ブラウザで開くのではなく、このファイルをダウンロードしてください。助けが必要な場合は、「こちら」をクリックしてください。

AxiDraw V2 ユーザー

  • AxiDraw V2 User Guideをダウンロードしてください。(6.7 MB PDFドキュメント)
    • これは、2017年10月1日付けのAxiDraw V2ユーザーガイドバージョン2.5です。これは、AxiDrawの古いモデル用です。
    • ブラウザで開くのではなく、このファイルをダウンロードしてください。助けが必要な場合は、「こちら」をクリックしてください。

関連項目

AxiDraw 日本語トップページ
導入ガイド ユーザーガイド V3
ユーザーガイドのダウンロード (英語) - ソフトウェアのインストール (英語)
ヒント ペンの選択 (英語) - マルチカラー出力 (英語) - 画像をトレースする (英語) - 点描ソフトウェア (英語) - レイヤー管理 (英語) - 手書きのキャプチャー (英語) - RoboPaintでAxiDrawを使う - AxiDraw基本例セット
Q&A よくある質問 - トラブルシューティング
外部リンク 公式サイト - 公式ショップ - ロボショップ - RakuNewショップ - docket store - ゆきの散歩道 - マルチカラー出力 - Youtube動画
その他 テンプレートを編集