Editing AxiDraw V3 ユーザーガイド

Jump to: navigation, search

Warning: You are not logged in. Your IP address will be publicly visible if you make any edits. If you log in or create an account, your edits will be attributed to your username, along with other benefits.

The edit can be undone. Please check the comparison below to verify that this is what you want to do, and then save the changes below to finish undoing the edit.
Latest revision Your text
Line 487: Line 487:
 
<BR>
 
<BR>
  
==<B> ホームから離れた箇所にプロットする [https://cdn.evilmadscientist.com/wiki/axidraw/software/AxiDraw_V37r1.pdf#page=43 (P.43)]</B>==
+
==<B> 家から離れてプロットする [https://cdn.evilmadscientist.com/wiki/axidraw/software/AxiDraw_V37r1.pdf#page=43 (P.43)]</B>==
<font color="red">※ この節の文章は、うまく翻訳できていない可能性があります。かならず原文を確認してください。</font>
+
: 時折、それが書いている主題 - 例えば名前、イニシャル、リターンアドレス、または署名 - が両方とも紙のページと比較して小さく、正確に配置される必要があるというケースです。
  
: 時折、書いているテーマ(例えば名前、イニシャル、リターンアドレス、または署名)が、両方とも紙のページと比較して小さく、正確に配置される必要がある場合があります。(PDFの画像のように、既成品のメッセージカードに、自分のメッセージをプロット出力したい場合などです)
+
: 1つの方法は、これを通常のページとして扱い、文書上のテキストを慎重に配置することです。 アートワークが正しい面に並んでいるかどうかを確認するために、ワークピースの上に別の「犠牲的な」紙を置くのに役立ちます。
  
; <font size="4">通常の方法</font>
+
: 別の方法としては、文書内でアートワークをホームコーナーに合わせ、印刷したい文書の領域をペン先の真下に配置します。 テキスト全体が2つの単語で構成されている上のバレンタインカードに署名するには、ペン先のすぐ下に書き込みを開始する位置(単語「me」の左上隅)を配置します。
: 1つの方法として、これを「通常のページ」として扱い、文書上のテキストを慎重に配置することです。 アートワークが正しい面に並んでいるかどうかを確認するために、ワークピースの上に別の「犠牲的な」紙を置くのに役立ちます。
 
  
; <font size="4">ホームコーナーに合わせる方法</font>
+
: この考えをさらに拡張すると、ホームコーナーではなく、ペンがドキュメントの他の部分に到達できる途中の地点(「仮想」のホームコーナー)から開始することで、「自宅から離れてプロットする」こともできます。 たとえば、キャリッジを手動でX = 3インチに移動し、それをプロットの開始点として使用できます。 各プロットの後、キャリッジはその位置に戻ります。 この方法を使用するときは、描画がその位置から使用可能になったより限定された範囲を超えないように注意してください。
: 別の方法としては、文書内でアートワークをホームコーナーに合わせ、印刷したい文書の領域をペン先の真下に配置します。 テキスト全体が2つの単語で構成されている上のバレンタインカードに署名するには、ペン先のすぐ下に書き込みを開始する位置(画像の単語「me」の左上隅)を配置します。
 
 
 
: この考えをさらに拡張すると、ホームコーナーではなく、ペンがドキュメントの他の部分に到達できる途中の地点(「仮想」のホームコーナー)から開始することで、<font color="red">「ホームから離れた箇所にプロットする」</font>こともできます。 たとえば、キャリッジを手動でX = 3インチに移動し、それをプロットの開始点として使用できます。 各プロットの後、キャリッジはその位置に戻ります。 この方法を使用するときは、描画がその位置から使用可能になったより限定された範囲を超えないように注意してください。
 
 
<BR>
 
<BR>
  

Please note that all contributions to Evil Mad Scientist Wiki are considered to be released under the GNU Free Documentation License 1.3 (see Evil Mad Scientist Wiki:Copyrights for details). If you do not want your writing to be edited mercilessly and redistributed at will, then do not submit it here.
You are also promising us that you wrote this yourself, or copied it from a public domain or similar free resource. Do not submit copyrighted work without permission!

To edit this page, please answer the question that appears below (more info):

Cancel | Editing help (opens in new window)