AxiDraw ペンの選択

From Evil Mad Scientist Wiki
Jump to: navigation, search
  This wiki page is part of our AxiDraw documentation

Please click here to return to the AxiDraw overview.
  ※ このページは、英語に不慣れなユーザーにより、Googleによる機械翻訳を元にして作成していますので、翻訳が間違っている可能性があります。もし、問題が生じた場合には、翻訳元の英語ページを参照してください。
※ 正しい翻訳が出来る方は編集しても構いませんが、文章を削ることは避けてください。


ペンの選択[edit]

通常のペンホルダーに取り付けできるのは、直径16mmまでのペンです。ペンの推奨最大重量は、1.6オンス(45g)です。

デザインは、ペンが自重で表面にかかるようになっています。That allows it to ride over surfaces that are textured or otherwise uneven, however it also means that the pen holder does not apply significant downward pressure. (翻訳できる方がいましたらお願いします!)

AxiDrawで利用可能な筆記用具
  • 万年筆
  • パーマネントマーカー
  • リキッドインクローラーボールペン
  • テクニカルペン
  • シャープペン(柔らかい芯のもの)
  • 小型ホワイトボードマーカー
  • 大きな筆圧を必要としない筆記用具
AxiDrawで利用できない場合がある筆記用具
ここでは、筆記具や筆記具を簡潔にするための「ペン」と呼びますが、シャーペン(硬い芯のもの)、チョーク、木炭、筆などの他の道具でもうまくいくことがあります。
操作するために、相当量の下向きの圧力を必要とするボールペン(およびおそらく他の特定の筆記具)は、その要求のために矛盾して機能する可能性がある。


ペンの寿命[edit]

先のとがった永久マーカーは見栄えがよく色鮮やかに見えますが、先端が柔らかい繊維でできているために磨耗するという欠点があります。我々は、(例えば)段ボール箱に書くとき、先端が磨耗する傾向があるので、(マッキーなどの)フェルトペンのマーカーは驚くほど短い寿命であることが分かりました。万年筆、ローラーボール、テクニカルペンなどの金属製ペンの寿命ははるかに長くなります。(無限ではありませんが、非常に長い時間持続します。)

ペンの寿命を延ばすには、圧力の量を減らし、滑らかな表面に筆記し、より穏やかな速度で筆記します。加えられる圧力の量を減らす1つの方法は、「使用するときだけペンのキャップを外す」ことです(要翻訳)。


ペンの種類[edit]

万年筆[edit]

ほとんどの万年筆は、AxiDrawで非常にうまく機能します。あなたが以前に万年筆を使ったことがないならば、このJetPensの万年筆ガイドを見れば、基本的な使い方を教えてくれます。

  • Lamy Safari、ミディアムまたはファインペン先。このペンがどれほど優れているかについては、私たちは実際には十分に言うことができません。さまざまな速度での非常に安定したインクの流れ。ジャムや詰まりのようには思われません。青いインクで、「これは万年筆で書かれた」と本当に叫ぶ。 Lamyのコツは他のメーカーのものよりやや広いです。極細チップの幅はミディアムペン先のパイロットと同程度です。
  • パイロットメトロポリタン、ミディアムペン先。清潔できちんとしたラインで、またすぐに利用可能。これとLamyでデモファイルを書くのに何時間も費やした後、Pilotは優れていますが、インクの流れが安定しているという点では少し信頼性が低いことがわかりました。私たちは、筆記速度の関数としてインクの流れのわずかにより多くの変化を見る傾向があります - 同様に手で筆記するとき起こるアーティファクト。我々が望むよりももう少し容易に「ドライアウト」するように思われる。

ArtPenを回転させる。 LamyやPilotほど完全には一貫しているわけではありませんが、優れたキャラクターももたらします。

液体インキローラーボールペン[edit]

精密なマルチカラー出力のための、私達が推奨する好ましい選択となります。
ほとんど(そして最も明るい色のもの)は使い捨てです。ただし、詰め替え可能なバリアントもあります。

油性マーカー[edit]

Sharpie Ultra Fine Point
多彩なプロットに適しています。安価で、長持ちし、そして色の広い範囲で利用できます。
Sharpie Fine Point
「普通の」円錐形の先端のシャーピーマーカー。私達は箱に印を付けるためにこれらを使用しました。注意点の1つは、このようなフェルトペンは時間の経過とともに摩耗する可能性があることです。円錐点から平らな点に移動し、徐々にチップとインクの流れが損なわれます。
Uni Posca Paint Markers
色鮮やかで不透明なインクで、さまざまな面に書き込むことができます。先端サイズと色の範囲で利用可能です。インクは水性、非毒性、耐光性、そして防水性です。これらは活性化するために震えおよび先端圧力を必要とするが、インクが流動したら一貫して書く。

製図ペン (テクニカルペン)[edit]

製図ペンは、日本では「ステッドラー」などに代表される、円筒形の金属製の先端を持つ万年筆です。それらは紙に対して垂直に保持する必要があります(紙に対して45°ではない)。これらは万年筆とフェルトペンの両方に代わる、優れた正確な代替品となります。

  • ラピドグラフ - テクニカルペンの最も有名なブランド。 RotringまたはKoh-i-noorによって製造されています。
  • ステッドラー - テクニカルペンとして有名なブランド。

追加のペンと資料[edit]

  • Pen Choices EggBot用。 (私達が文書化したもう一組のリソース。そこにある情報の大部分はAxiDrawでの使用にも関連しています。)

関連項目[edit]

AxiDraw 日本語トップページ
導入ガイド ユーザーガイド V3
ユーザーガイドのダウンロード (英語) - ソフトウェアのインストール (英語)
ヒント ペンの選択 (英語) - マルチカラー出力 (英語) - 画像をトレースする (英語) - 点描ソフトウェア (英語) - レイヤー管理 (英語) - 手書きのキャプチャー (英語) - RoboPaintでAxiDrawを使う - AxiDraw基本例セット
Q&A よくある質問 - トラブルシューティング
外部リンク 公式サイト - 公式ショップ - ロボショップ - RakuNewショップ - docket store - ゆきの散歩道 - マルチカラー出力 - Youtube動画
その他 テンプレートを編集