AxiDraw V3 ユーザーガイド

From Evil Mad Scientist Wiki
Jump to: navigation, search

  This wiki page is part of our AxiDraw documentation

Please click here to return to the AxiDraw overview.
  ※ このページは、英語に不慣れなユーザーにより、Googleによる機械翻訳を元にして作成していますので、翻訳が間違っている可能性があります。もし、問題が生じた場合には、翻訳元の英語ページを参照してください。
※ 正しい翻訳が出来る方は編集しても構いませんが、文章を削ることは避けてください。


Contents

ユーザーガイドのダウンロード [edit]

このページでは、PDFファイルのユーザーガイド (AxiDraw_V37r1.pdf) を、Google翻訳を使って機械翻訳した上で、英語に不慣れな有志の日本人ユーザーが査読して、わかりやすく自然な日本語に修正しています。また、画像をアップロードしていませんので、PDFファイルとつき合わせて見ていただく必要があります。
日本語への翻訳は99パーセント間違いないレベルだとは思いますが、正確なマニュアル内容を確認したい場合には、PDFファイルをダウンロード して確認してください。上記の「PDFへの外部リンク」をを右クリックして、「名前を付けてリンク先を保存」を選択してください。


AxiDrawの紹介 (P.5)[edit]

AxiDrawは、シンプルでモダン、精密、そして多用途のペンプロッタです。 お気に入りの万年筆、油性マーカー、その他の筆記具を使ってさまざまな用途に対応できます。 そのユニークなデザインは伸縮する筆記ヘッドを特徴とします、それはAxiDraw自体よりも大きい物に描くことを可能にします。
AxiDrawは、多種多様な日常的で特殊な描画および書き込みニーズに応えるように設計された、非常に用途の広いマシンです。 あなたは通常、ハンドヘルドペンで実行される可能性があるほとんどすべてのタスクに、AxiDrawを使用することができます。
本物のペンを使って(インクジェットやレーザープリンタのように)封筒のアドレスを記入したり、名前を署名したりするという紛れもない外観を備え、手作りのように見える手書きをコンピュータで作成できます。 そしてそれは、熟練した芸術家のような正確さで、そして決して疲れないアームを使うことで実現します。


クレジットと歴史 (P.6)[edit]

AxiDraw (2014年)
AxiDrawプロジェクトは、英国のIJ Instruments Ltd.社のリンジイ・ロバート・ウィルソン博士によって最初に作成された2014年以来、活動を続けています。
初期のAxiDrawユニットはデザインが異なりました。 それは機械加工されたデルリン・プラスチックから作られたchas-sisで、より小さなフォーマットを持っていました。それは2つの独立したタイミングベルトを持っていました。1つはベースの上のステッピングモーターによって動かされ、もう1つは動くキャリッジの上のステッピングモーターによって動かされました。 ソフトウェアには、Evil Mad Scientistで開発された、WaterColorBotドライバの修正版を使用しました。
AxiDraw V2 (2016年)
2015年にウィルソン博士は、ウィンデル・オスケイとEvil Mad Scientist Laboratories社のレノーア・エドマンと共同で、主に米国で設計および製造される新しいAxiDrawモデルに向けて共同作業を開始しました。
この第二世代のAxiDrawは、A4またはUSレターの全ページをカバーするために、描画エリアの2倍に達するように拡大されました。 その形状は、2つの大きなステッピングモーターがベースに固定された、1本の駆動ベルトを使用するように変更されました。
その主要な部品は、アルミニウム製(機械加工または打ち抜きおよび折り畳み)に変更され、そして新しいペンホルダーは紙に対して「垂直」にまたは「45°」で取り付けることができるようになりました。
AxiDraw V3 (2016年12月)
第3世代のAxiDraw V3は、さらなる高性能を実現するためにマシンの全面的な再設計を行いました。
以前のモデルは、スチールシャフトとリニアボール・ベアリングスライドでしたが、この新バージョンはローリングホイール付きのカスタムアルミフレームを特徴としています。構造の剛性が大幅に向上したため、品質を落とすことなく、前のバージョンの約2倍の速度で動作させることができるようになりました。
AxiDraw V3ファミリーは現在、描画エリアが異なるいくつかのモデルが利用可能です。AxiDraw V3、AxiDraw V3 / XLX、およびAxiDraw V3 / A3。特別なエディションである AxiDraw SE / A3もあり、アルミニウム性の硬質な本体を特徴としています。


AxiDrawをチェックする (P.7)[edit]

部品とアクセサリー
これがAxiDrawに付属の部品です。
  • 1. AxiDraw自体
  • 2. クリップのイーゼルと、バインダーのクリップ(AxiDraw V3では4個、大型モデルでは8個)
  • 3. 電源アダプター
  • 4. USBケーブル
  • 5. 六角レンチとレンチサイズには、2mm、2.5mm、および3mmの六角ドライバと、薄型の8mmおよび10mmレンチがあります。 これらのうち、最小(2mm)の六角ドライバーのみが通常の操作で使用されます。
  • 6. (画像には表示されていません) 余分なゴム足(AxiDraw V3およびV3 XLXのみ)通常は必要ありません。輸送中にゴム足がベースからぶつかった場合のために、予備用です。
  • 7. (画像には表示されていません) 輪ゴムは、通常は必要ありませんが、少し余分なペンの力を加えるのに使用します。最後の章、AxiDrawのヒントとコツ8を参照してください。
  • 8. (画像には表示されていません) AxiDraw SE/A3のみに含まれる特別なアクセサリーです。SE/A3には、XLペンクリップとイタリックペンアダプターも含まれています。他のAxiDrawモデルとの併用は別途可能です。
  • ※ 利用可能なAxiDrawアクセサリーの詳細については、以下をご覧ください。 AxiDrawネットショップ


AxiDrawの解剖学 (P.8)[edit]

AxiDrawのさまざまな部分を見てみましょう。 このガイドでは、これらの部分を名前で参照します。 外観は多少異なる場合がありますが、これらの機能はAxiDrawの各モデルに共通です。 例えば、AxiDraw V3 / A3とSE / A3は "アウトリガー"フィートを延長しており、AxiDraw SE / A3ベースは黒く着色されていて、2つのモーターを覆っています。


付属品の取り付け (P.10)[edit]

ペンリフトモーターケーブルとペンクリップは、出荷時に取り外されています。


ペンリフトモーターケーブルの取り付け
取り外されているケーブルの端を、ベースの左側に配置します。
ケーブルには、「黒、赤、白」の3本の線があります。
図に示すように、コネクタをEBBコントロールボードの下の「3つのピン」に差し込みます。 黒いワイヤーは、ボードの端に向かって「後ろ向き」になっています。
ペンクリップの取り付け
黒いプラスチック製の「つまみネジ」を、ペンクリップにねじ込みます。
アクセスしやすいようにボールエンドが付いている「2mmの六角レンチ」を使用して、2本の小さな「黒いM3ネジ」で、ペンクリップを垂直スライドに取り付けます。ペンクリップは、使用している筆記具の種類に応じて、垂直方向または斜め方向に取り付けることができます。
垂直スライドには、ペンクリップ用に2つまたは4つのネジ穴があります。どちらのスタイルも同じ機能を持っていますが、見た目は少し異なります。どちらの場合も、ペンクリップを所定の位置に取り付けるには、正確に2本のネジを使用してください。
古いAxiDrawユニットには、ペンクリップに2つの穴しかない4穴のスライドがあります。 ここでは、ペンクリップが斜め(左)と垂直(右)に取り付けられています。


AxiDrawの安全な取り扱い (P.13)[edit]

1) 持ち運び
ベースの中央支柱(または必要に応じてステッピングモーター)で支えて、AxiDrawを持ち上げます。 ケーブル、ケーブルガイド、キャリッジ、ペンホルダーを持って持ち上げないでください。 AxiDraw SE/A3は中央の支柱の裏側にフライス加工されたハンドルを持ち、機械の中央に追加の「持ち運び部分」を提供しています。
2) 熱
2つのステッピングモーターが暖かくなる可能性があることに注意してください。 これは普通のことではありませんが、知っておくと役立ちます。 モーターは触れないほど熱くなってはいけません。
3) 可動部品
AxiDrawは可動部品を露出させています。 指や髪の毛などが引っ掛かったり、つぶれたり、絡まったりする可能性があるものを、ベルトから遠ざけてください。移動キャリッジ、ペンホルダー、およびモーターカバーの間に挟んでください。
警告
AxiDrawが動作している間は、ピンチポイントから指を離してください。


概要:AxiDrawを始めよう! (P.14)[edit]


簡単に言うと、AxiDrawを使い始めるための手順は次のとおりです。
  1. ソフトウェアをインストールします。
  2. プロット出力するアートワークの画像ファイルを開くか、作成します。
  3. 手でキャリッジを左上のホームコーナーに移動します。
  4. 電源ケーブルとUSBケーブルを接続します。
  5. ペンアップとペンダウンの高さを確認します。
  6. ペンと紙をセットアップします。
  7. AxiDrawソフトウェア内からプロット出力を開始します。


ここからの概要
このガイドの第4部では、リストの最初の項目、ソフトウェアのインストールについて説明します。 第5部から第8部では、使用するためにAxiDrawをセットアップします。 パート9では、最初のプロットと、プロット中に使用可能なさまざまなオプションの作成について説明します。 第10回ではAxiDrawの設計について説明します。さらに、AxiDrawを使用するための様々な助言と、トリックのセクションが続きます。


インストール (P.15)[edit]

AxiDrawを操作するには、コンピューターにソフトウェアをインストールする必要があります。最新の手順とダウンロードリンクは、http://axidraw.com/sw から入手できます。
  • MacとWindowsの場合は、ダウンロードできる簡単なインストーラーがあります
  • Linuxの場合は、1つ以上の手動の手順が必要です。
インストールするソフトウェアには、Inkscapeという素晴らしい無料の描画プログラム、およびInkscape内からAxiDrawを操作する一連の拡張プラグインが含まれています。


Inkscapeとその拡張機能
ソフトウェアをインストールしたら、Inkscapeを起動します。AxiDrawソフトウェアは、メニューの「エクステンション」 > 「AxiDraw」に表示されます。すべての機械制御はAxiDrawコントロールパネル内から実行されます。
このエクステンションで、もう1つの拡張機能である「Hatch Fill」も提供されており、形状の記入に役立ちます。


代替ソフトウェアとAPI
RoboPaintは、AxiDrawを含めたロボットの塗装と描画に使用できる、Inkscapeの代替となるドライバソフトウェアです。 別途インストールが必要ですが、AxiDrawはサポートされています。
AxiDrawを操作するためにプログラミングは必要ありません。 あなたがそれをプログラムするか、それに遠隔でそれにデータを送りたいと思う場合には、利用可能なインタフェースとドキュメンテーションがあります。 私たちのソフトウェアはすべてオープンソースです。
RoboPaintまたは当社のAPIの詳細については、当社のWikiサイト のドキュメントを参照してください。
これらのオプションを超えて、私たちの(そうでなければ)Inkscapeベースのソフトウェアのスタンドアロンのコマンドラインバージョンが開発中で、AxiDrawユーザーにベータ版で利用可能です。 早期アクセスをご希望の場合は、直接お問い合わせください。

ホームコーナーへ位置合わせ (P.16)[edit]

作図を開始する前に、ペンホルダーを「ホームコーナー」に移動する必要があります。 ペンホルダーがベースの左側に最も近いところ、つまりペンホルダーが「Homeと刻印されたラベル」に近づいているところ、そしてUSBポートに近づいたところです。
プロット出力が終了すると、AxiDrawは自動的にホームコーナーに戻り、次のプロットの準備が整います。
キャリッジを、手でホームコーナーにスライドさせます。 ペンホルダーの垂直面の後ろ側にある「硬い金属ブロック」を持って、斜めに動かすことができます。 「ペンホルダーの垂直面」を直接押さないでください。
モーターへの電源がオフになっているときだけ、キャリッジを動かす必要があります。それが簡単に動かない場合は、あなたがそれらを強制しようとしていないように、モーターをオフにします。
これを行うには、AxiDraw コントロールの[Setup]タブの、【Raise pen, turn off motors】(ペンを上げてモーターをオフにする)のコマンドを使用します(22ページを参照)。 必要に応じて、AxiDrawを電源から物理的に切断することもできます。


ワーク保持 (P.17)[edit]

AxiDrawが書いたり描いたりするどんな工作物でも、(それがパーペイ、木材、あるいはクッキーであろうが、)作図中に動かないように適所にクリップなどで用紙を固定する必要があります。
大きなワークへの印刷
大きなポスターボードのような大きなワークピースの場合、AxiDrawはワークピースの上に直接置くことができます。 AxiDrawが置くことができる大きい工作物の他の例としては、布地、木製の表面、または大きなホワイトボードなどがあります。
いくつかのぎこちない形の工作物(額入りアート、不規則なオブジェクトなど)では、届くのに十分な高さにするために、AxiDrawのベースを支える必要があるかもしれません。
Clip Easelを使用したワーク保持
クリップ付きのシンプルなボードであるClip Easelは、AxiDraw自体で押さえるには十分な大きさではない、(主に紙の形状やサイズが異なる)より小さなワークを保持するために、AxiDrawに付属しています。これは、AxiDrawを使い始めるときに紙をマウントするための素晴らしい方法です。
AxiDraw V3 Clip Easelは、9×12インチ(約23×30cm)のサイズで、ゴム足と4つの小さなバインダークリップが付いています。米国のレターサイズ(またはA4)の用紙、封筒、カード、招待状などの小さいサイズを含めて、さまざまなサイズを取り付けることができます。 小さい紙では、同時に複数の部品をマウントすることもできます。クリップは、紙を平らに保持するために必要に応じて配置することができ、あなたがAxiDrawで書く予定のスペースを避けることができます。
上記の例は次のとおりです。
A)記入する証明書(レターサイズ、横向き)
B)郵送先住所(#10封筒、横向き)
C)正式な招待状(6⅜×8⅞インチ、縦向き)
D)テキストと図面が混在するページ(レターサイズ、縦向き)
いずれの場合も、用紙の隅がホームコーナーに最も近くなるように、用紙の隅をクリップイーゼルの左上隅に合わせます。
文書の幅が、横長(正方形)よりも幅が広い場合は「横長」と言い、上の例AおよびBのように「紙の方向」を設定する必要があります。 幅が幅よりも高ければ、縦向きです。 上の例(C)と(D)のように、縦長でサイズが大きい場合には、用紙を「横に」向けてください。
(このデフォルトの動作は、無効にすることができます。37ページの「9.7 詳細オプション」を参照してください。)
複数のクリップイーゼルを使用する
一般的な方法は、完成したワークピースを次のものと素早く交換できるように、複数のクリップイーゼルを使用することです。 主な利点は、次のページのクリップを外してクリップしている間に1ページを印刷できることです。 すばやい位置合わせを容易にするために、テーブルにテープでマークを貼り付けたり、ハードエンドストップ(大工の正方形定規など)を使用すると良いでしょう。
あなたの工作物が、あなたの機械の作業領域よりかなり小さいとき、2番目の方法が使われることができます。 たとえば、小さなノートカードにAxiDrawでラベルを付ける場合、または2つのA4サイズのページをAxiDraw V3/A3またはAxiDraw V3/XLXで印刷する場合です。 2つの小さなイーゼルを並べて使用して、1つの「A」と1つの「B」を指定し、「A」または「B」側に交互にプロットできます。 出力が終わったときにそれぞれのイーゼルの用紙を変えれば、紙を取り替えるために一時停止することなく継続的にプロットすることができます。
クリップイーゼルを超えて移動
Clip Easelは多用途ですが、その使用は完全にオプションです。 紙、テープ、クランプ、タック、ペーパークリップ、マグネット、他の種類のクリップボード、AxiDraw自体の重さ、またはその他の適切な方法で紙を固定することもできます。
あなたのAxiDrawが単一目的の機械として使われるならば(すなわち、あなたが同じペンと紙のサイズを一貫して使うならば)、あなたの特定の用途に合うような解決策を考えるのが良いかもしれません。 場合によっては、卓上または作業面に恒久的に取り付けられる器具を作成すると、時間を大幅に節約できます。
ユーザーによるアイデア
マグネットボード
例えば、大きめの「マグネット・ホワイトボード」を利用して、用紙やイーゼルを置きたい場所の左上・右下に「金属製の正方形定規」を2つ貼り付けるだけでも、かなり効率化に繋がりますし、精密にまっすぐに出力できるようになります。
公式サイトで販売されている「AxiDraw用マグネットイーゼル A4サイズ」 (A3サイズはこちら)を利用するのも良いでしょう。
サイン色紙用の対策
サイン色紙などに継続的に出力したいのであれば、「2~3mm程度のゴム板シート」を利用して、任意のサイズに切り抜いて、そこに用紙をはめ込むのも便利です。 また、サイン色紙のような繊細な用紙を痛めたくないのであれば、「文鎮」を利用するのがオススメです。



電源とUSBの接続 (P.19)[edit]

AxiDrawの接続
次のセクションでは、ペンの高さを設定する前に、AxiDrawを接続する必要があります。 接続するときは、上の図のように「電源ケーブル」と「USBケーブル」をAxiDrawに接続します。 USBケーブルをコンピュータの空いているUSBポートに接続します。
AxiDrawに付属のプラグイン電源アダプタ(9 V DC、安定化、センタープラス)は、世界中の主電源(100〜240 V AC)で動作します。 米国外では、安価なプラグ形状のアダプタが必要になる場合があります。
ケーブルを接続したら、AxiDrawに移動の余地があることを確認してください。 キャリッジが(左から右、前後に)移動すると、浮遊ケーブルに引っかからないようにすることが重要です。


ペンと印刷の準備 (P.20)[edit]

このセクションでは、「さまざまな種類のペン」、「ペンの角度」、「ペンの上下の位置」、「ペンの高さ」の設定、および「ペンに対する用紙の位置」の設定方法について説明します。
ペンの選択
AxiDrawのペンホルダーは、直径16mmまでのペンにフィットします。ペンの推奨最大重量は45gです。デザインは、ペンが自重で表面にかかるようになっています。万年筆、パーマネントマーカー、ローラーボールペン、テクニカルペン、(小型)ホワイトボードマーカー、液体チョークマーカー、その他の筆記用具や描画器具など、大きな圧力を必要としないペンに適した選択肢があります。筆記具や筆記具を簡潔にするための「ペン」と呼んでいますが、自動鉛筆、チョーク、木炭、筆などの他の装置もうまく機能することがあります。
ペンの角度を設定する
ペンクリップを垂直または斜めの位置に取り付けることで、ペンを紙に対して45°の角度で垂直または斜めに取り付けることができます。ペンクリップを外すには、アクセスしやすいようにボールエンドが付いている2mm六角レンチを使用して、ペンクリップの前面にある「2本の黒いM3ネジ」を緩めて取り外します。同じ2本のネジを使用して、ペンクリップを垂直または斜めに取り付けます。(11ページから始まる写真を参照)
45°の角度位置は「万年筆」での使用に最適ですが、ほとんどのボールペンとファインポイントマーカーでうまく機能します。垂直位置は、太い先端のマーカーや下向きの圧力が必要な筆記具に適しています。ペンを同じ位置に保ちながらペンを切り替える必要がある場合(たとえば、色が異なる場合)にプロットを作成する場合は、通常、垂直方向が最適です。
ペンの挿入 (P.21)
ペンなどの筆記具をペンクリップに挿入し、「つまみネジ」でしっかりと締めます。つまみネジで軽く力を加えるように注意してください。ペンを固定するだけなので、中程度の抵抗になったら回転を停止します。
インクボールペン(ローラーボール、万年筆、パーマネントメーカーを問わず)を使用するときは、書く前にペンの先端を「にじませる」ことが必要です。スクラッチペーパーに手で試して、インクが実際に流れていることを確認してください。
壊れやすい繊細なペンについて
壊れやすいペン(セルロイド樽付きのハイエンド万年筆など)を使用する場合は、ペンを挿入するときに細心の注意を払ってください。
傷を付けないように、ペン軸を薄く柔らかい布で包み、つまみネジから力を加えないようにします。上記のLamy Safariのような手頃な値段の万年筆は、非常にタフになりがちで、特別な処理はほとんど必要ありません。


ペンアップ位置とペンダウン位置 (P.22)[edit]

このステップでは、ペンアップ位置とペンダウン位置を確認します。
まず、電源とUSBをAxiDrawに接続します。 (19ページの「7:電源とUSBの接続」を参照)。
Inkscapeでの設定
次に、Inkscape内でAxiDrawコントロールを開きます。 AxiDrawソフトウェアがインストールされている場合は、メニューバーの「機能拡張」>「AxiDraw」>「AxiDrawコントロール」の[Setup]タブをクリックします。【Toggle pen between UP, DOWN】(ペンを上下に切り替える)を選択して、「適用」ボタンをクリックします。
ソフトウェアがすべて正しくインストールされ、すべてが正しく接続されている場合は、[適用]を押すたびに、ペンリフトモーターが交互に上または下の位置に移動します。動かない場合は、ペンリフトモーターケーブルを正しく接続していることを確認してください。(10ページの「2.3 箱から取り出す」の項を参照してください。)
ペンアップの高さ (P.23)
ペンアップおよびペンダウンの高さはそれぞれ、ニーズに合わせて0〜100%の間で調整できます。より高いパーセント値は、ペンをより高く持ち上げます。60%(上)30%(下)の工場出荷時の値は、最良のスタート値でしょう。
次に、ペンアップ・ペンダウンの設定を、異なる値のセット(たとえば、70%と20%)に調整して適用し、調整すると位置が変わることを確認してください。ペンホルダーを上下に動かすと、ペンホルダーが目に見えて上下に動くはずです。
0や100に設定すると、モーターが動作し続ける場合があります。特別な場合を除いて、通常はできるだけ「10~90の範囲内」に設定することをオススメします。
ペンホルダーの設定
Inkscapeのペンホルダーの設定で、ペンアップ(上)にした状態で、ペンを挿入して紙の上に置きます。
ペンの垂直位置は、紙面から3〜6mmくらい上になるようにします。つまみネジで「ペンの位置」を物理的に調整したり、AxiDrawコントロールの[Setup]タブから位置を変更してください。
また、ペンダウン位置に切り替えることもできます。ペンを下にして、ペンはその重さで紙の上に乗るはずです。そうでない場合は、ペンダウン位置を下げる必要があります。(テスト中は、実際のワークピースに書き込むのを防ぐために、書き込む用紙を「別の用紙」にして保護してください)
用紙の配置
最後に、ペンホルダーを元に戻して、印刷用に用紙を配置します。
ペンを挿入して高さを設定するプロセスでは、このプロセスは2つのステップになります。
1)ペンホルダーをペンアップ位置まで上げます(まだない場合)。
2)ペンを所定の位置に挿入します。


用紙の配置 (P.24)[edit]

ペンをホームコーナーに置き、ペンを適切な高さにして、AxiDrawに対して用紙を配置します。 印刷可能領域は、ホームコーナーから始まり、その点から右下に伸びます。


大きい面へのプロット(AxiDrawが直接面上にある場合)
ペン先が、プロット出力する領域の左上隅になるように、AxiDrawを配置します。印刷のためにソフトウェアは、Inkscapeドキュメントのページの角を「ホームコーナー」として扱います。
上記の「ページ」が、Inkscapeのソフト上でどのように見えるかを次に示します。(画像は、PDFファイルを確認してください)
それ以外のもの(文字、封筒、招待状、および小物) (P.25)
用紙の左上隅を、ペン先の真下に置きます。 用紙の上端がAxiDrawのX軸と平行になるように用紙を四角にします。
前に18ページで説明したように、縦が横幅よりも大きい縦長のドキュメントは、通常上記のBのように「横向き」になります。 垂直にしても水平にしても、ペン先の下に配置しておくのは「ホームコーナーに最も近い紙のコーナー部分」です。
比較のために、印刷を設定するときに、これら2つの文書が「コンピューター上でどのように見えるか」を示します。
AxiDrawに対する用紙の絶対位置は、用紙、使用するペン、および45°に取り付けられている場合はペンの長さによって異なります。 どのようなペンと紙の設定でも、比較的一貫性が保たれる可能性があります。 (19ページの「6.4 クリップのイーゼルを超えた移動」を参照)。


ここ迄のまとめ (P.26)[edit]

ここまでの説明で、あなたのAxiDrawは使用可能になりました。


要約すると、これまでの手順は次のとおりです。
1)ペンホルダーをホームコーナーに移動します(まだ接続されていない場合)。
2)電源ケーブルとUSBケーブルを接続します。
3)セットアップタブを使用して、ペンホルダーを「ペンアップ」位置に移動します。
4)用紙の真上に、ペンを挿入します。
5)用紙の角を、ペン先の真下に置きます。


AxiDrawでプロットする (P.26)[edit]

このセクションでは、Axi-Drawで最初のプロットを作成するための手順を説明します。 ここから始める前に、AxiDrawソフトウェア(4)のインストールを完了してください。 AxiDrawに付属しているものに加えて、あなたはペンと紙が必要になります。
サンプルをダウンロードする
サンプルファイルのセットを、こちらのページからダウンロードします。
ダウンロードは、サンプルファイルの小さなzip圧縮アーカイブです。 アーカイブを解凍して開き、Inkscape内から「AxiDraw_First.svg」というファイルを開きます。開くと、ドキュメントはほぼ次のようになります。(画像を確認)
アウトラインが表示されない場合
ファイルを最初に開いたときに、「ページ全体のアウトライン」が表示されない場合は、[表示] > [ズーム] > [ページ]の順に選択するか、キーボードで数字の「5」を入力します。
まだ行っていない場合は、AxiDrawを印刷するように設定します。 (P.27)
1)ペンホルダーをホームコーナーにスライドさせます。 (§5参照)
2)電源ケーブルを差し込み、USBを接続してください。 (§7)
3)ソフトウェアを使用して、ペンを上下に切り替えます。 (8.4)•メニューから、拡張機能> AxiDraw> AxiDrawコントロールを選択します。
4)クリップイーゼルに一枚の紙を挟みます。 (§6.2)•用紙をHome Homeに最も近いClip Easelの左上に揃えます。
5)紙の真上の高さでペンをはめ込みます。 (8.4)
6)用紙の左上隅をペン先の真下に置きます。 (8.5)
これで印刷の準備が整いました。 (P.28)
いよいよ、最終段階です!
AxiDrawの周りのスペースをチェックして、キャリッジが「ベースの前と後ろ」の両方に動く余地があることを確認してください。
最後に、AxiDrawコントロールの「Plotタブ」に切り替えて、適用をクリックして開始します。
Plotタブに切り替えて、「Apply」ボタンをクリックして開始します。
これで、AxiDrawは文書の印刷を開始し、終了すると、ペンを上にしてホームコーナーに戻ります。


複数部数の印刷 (P.29)[edit]

[印刷]タブの「印刷する部数」オプションを使用すると、同じ文書を複数回印刷することができます。
コピー間の間隔は、任意です。
印刷部数の設定
「Copies to Plot」(プロットをコピーする)で、印刷する部数を「印刷する部数」ボックスに入力します。
デフォルト値の(1)は、ページを一度だけプロットします。
ページ間の遅延を設定する
AxiDrawコントロールの「タイミング」タブの一番下にある、「Seconds of delay between copies」(コピー間の遅延秒数)の値は、複数のコピーをプロットするときにAxiDrawがページ間で一時停止する時間を設定します。この遅延は、コピー間で用紙を交換する時間を確保するためのものです。デフォルト値は15秒ですが、0(追加遅延なし)から3600秒(1時間)までの任意の値に設定できます。
連続してプロットする
「Copies to plot」 の値を(0)に設定すると、AxiDrawは連続してプロットします。
AxiDraw本体の左モーターの左側にある「物理的な一時停止ボタン」を押すまで、ページ間の遅延は同じです。(一時停止の詳細については、30ページの「9.3 プロットの一時停止、再開、キャンセル」を参照してください。)
使いやすくするために、AxiDrawがホームポジションにある間に、プロット間の遅延の間に「ボタンを押す」ことをお勧めします。


一時停止、再開、取り消し (P.30)[edit]

一時停止
プロット出力中に一時停止または停止するには、AxiDraw本体の「一時停止ボタン」を押します。AxiDraw本体の左側に、「銀色のボタン」があります。(9ページの "詳細:ベースの左側"を参照してください。)
一時停止ボタンを押すと、AxiDrawはプロット出力を停止し、現在のラインを仕上げた後にペンを上げます。
再開
進行中のプロット出力を停止するには、「一時停止ボタン」を物理的に押す必要があります。一時停止した後は、再開する前に(ペンの高さや印刷速度など)設定を調整できます。一時停止後にプロットを再開するには、AxiDrawコントロールの 「Resume」タブを開き、「Resume」(再開)オプションを選択して「適用」をクリックしてください。
取り消し
キャリッジをホームコーナーに戻すには、「Return to Home」(ホームコーナーに戻る)オプションを選択して、「適用」をクリックします。(このコマンドで移動した場合に限り、)ホームに戻った後でも、プロットを再開できます。
ただし、([プロット]タブまたは[レイヤ]タブから)新しいプロットを開始する場合は、他のプロットを開始するときと同様に、開始する前にキャリッジをホームに戻す必要があります。これを怠ると、位置制御に損失が発生します。
キャリッジホームを手で動かすこともできます。 これを行うには、ペンを上げ、[Setup]タブでモーターをオフにして(22ページの「8.4 ペンの上下位置」を参照)、キャリッジを移動できるようにモーターのロックを解除します。位置制御の喪失がある場合でも、手動でホームに戻す必要があります。


複数のレイヤーと色でプロットする (P.31)[edit]

レイヤー機能について
デフォルトでは、AxiDrawは描画上に表示されているすべてのパスをプロットします。ただし、複数のレイヤーを含む文書がある場合は、AxiDrawコントロールを使用して「単一のレイヤー」または「一連のレイヤー」をプロットできます。
メニューから次の順に選択して、(AxiDrawコントローラーではなく)Inkscape上で、「レイヤー」ウィンドウを開きます(「レイヤー」タブ > 「レイヤー」ウインドウ)。「レイヤー」ウィンドウ、および「レイヤー」メニューのさまざまなコマンドで、「レイヤーの追加」「削除」「並べ替え」「名前の変更」ができます。レイヤー間でオブジェクトを移動することもできます。
レイヤーの指定
Inkscape上の、レイヤー名の左端にある小さな「目」ボタンを使って、個々のレイヤーを隠したり表示したりできます。非表示のレイヤーは印刷されず、これは文書の特定の部分のみを印刷する最も簡単な方法の1つです。
レイヤーを使用する2番目の方法は、AxiDrawコントロールの[レイヤー]タブを使用することです。[レイヤー]タブを開いた状態で[適用]をクリックすると、AxiDrawはそこに入力された番号で始まる名前のレイヤのみをプロットします([最初のレイヤーだけをプロット]の下)。 この機能を使用するための唯一の要件は、各レイヤー名を0から1000の範囲の整数で始めることです。
複数レイヤーの指定 (P.32)
[レイヤー]タブからプロットした後、必要な設定を変更したり、別のペンに切り替えることができます。これにより、異なる色や(たとえば)異なる速度で描画された部分で図面を描画することができます。
たとえば、名前が3つのレイヤがある場合、
  • 1 - 赤丸
  • 1 - 赤の四角
  • 2 - 青の星
2つの赤いレイヤを赤ペンでプロットするには、[Plot only layers beginning with](~~で始まるレイヤのみをプロット出力)で「1」を指定します。 その後、ペンを青に変更し、そのフィールドに「2」を指定して青のレイヤーをプロット出力します。 毎回ごとに[適用]ボタンをクリックして、選択したレイヤーのプロットを開始します。
前のページの[レイヤー]パネルに表示されている一連のレイヤーは、以下の例に対応しています。 これがInkscapeでどのように表示されるか、および6つの超微細ポイントSharpieマーカーを使用してページに印刷された様子を、画像で確認しましょう。
複数のコピーを出力する (P.33)
AxiDrawコントロール上の[レイヤ]タブから、[レイヤ]タブの [Copies to Plot](プロットをコピーする)オプションでは、[作図]タブから複数のコピーを作図するのと同じ方法で、同じレイヤまたはレイヤのセットを複数回プロット出力できます。 (29ページの「9.2 複数コピーのプロット」を参照)。
後続の(ページ間の遅延時間)は、AxiDrawコントロールの [Timing]タブの「Seconds of delay be-tween copies」(コピー間の秒数の遅延)パラメータで設定されます。 (これは、[印刷]タブを使用するときのページ間の遅延を制御するパラメータと同じです。)また、[印刷する部数]に[0](ゼロ)を選択すると、(一時停止まで)連続印刷できます。
レイヤー制御の追加機能
「レイヤー」タブには、レイヤー名で指定できる追加のコマンドとパラメータがあります。適切なフォーマットのコードを使用して、ペンダウンの高さと特定のレイヤーを印刷する速度を指定できます。
プロット中に時限の遅れを導入したり、プログラムによる一時停止を強制することができる特別なコードもあります(まるで一時停止ボタンを押してプロットを停止したかのように)。このような種類のコードは、日常的な印刷ではめったに使用されませんが、特殊なアプリケーションの開発に役立ちます。
特に有用な機能として、パーセント記号「%」で始まる名前のレイヤーはすべて「ドキュメンテーションレイヤー」と呼ばれることです。レイヤコントロール機能は常にアクティブで、AxiDrawコントロールの[プロット]または[レイヤ]タブのどちらからプロットする場合でも使用できます。
AxiDrawレイヤコントロールの完全な構文は、次のURLにあります。
https://wiki.evilmadscientist.com/ALC


速度コントロール (P.34)[edit]

AxiDrawコントロールの [Timing]タブでは、AxiDrawの基本的な移動速度を設定できます。 [移動速度]の見出しの下の上部にある3つのパラメータは、水平(XY)キャリッジモーションに使用される速度を設定します。
リストの最初の項目 [Writing/Drawing speed] (書き込み/描画速度) は、ペンを下げたときに使用される最大速度を設定します。 2番目の [Pen-up movement speed] (ペンアップ移動速度) は、ペンが上がって2点間を移動するときに使用される最大速度を設定します。
これら2つの速度のデフォルト値は、それぞれ25%と75%です。これらの速度は調整できます。印刷の品質は、スピードと画質との間のトレードオフになります。
Accelerationパラメータは、ペンがこれらの最大速度に「どれだけ早く達するのか」を制御します。通常、制限速度よりも重要です。


通常での使用
私たちのサンプル図面とテストの大部分は、スピードと正確さの間の妥協である「中程度のスピード」で作られています。これは細い油性マーカーと、幅の広いペン先のペンとのバランスが取れています。
  • 筆記/描画速度:30%
  • ペンアップ移動速度:75%
  • 加速:標準 (スタンダード)
高精度で作業する
細かいペンで作業して(書き込みまたは描画で)より高精度に調整する場合、良い出発点は次のようになります。
  • 筆記/描画速度:15%
  • ペンアップ移動速度:60%
  • 高速化:低速 (スロー)
高速で作業する
幅の広いマークを作成する幅の広い油性マーカーやその他の筆記用具を使用すると、次のような効果が得られます。
  • 筆記/描画速度:90%
  • ペンアップ移動速度:100%
  • 加速:最大


速度に影響を与える「他の要因」があります。これらの要素には、「ペンの持ち上げ速度」「下降速度」「ペンの重さ」「ページのどこにプロットしているか」などがあります。特定のアプリケーションに使用する正しい速度は、許容できる速度で十分に高い出力品質を実現できる速度です。


ペンのリフト速度 (P.36)[edit]

ペンの上下速度
「タイミング」タブの下半分には、「Pen lift and lowering speeds」(ペンのリフト速度と下降速度)という見出しがあります。これらは、[Setup]タブで設定された高さの「垂直方向の動き」を制御します。(22ページ)
ペンの上げ下げ速度は、ポップアップメニューから[最大]、[標準]、[遅い]、[非常に遅い]の各オプションを選択できます。
垂直移動が完了するまで、AxiDrawはペンを上下しながら水平移動を一時停止します。これらの一時停止は、ペンが実際に用紙から離れるまで「ペンアップ動作をするのを防ぐ」と同時に、ペンが用紙に触れるまで「ペンダウン動作が始まるのを防ぐ」ためのものです。
設定のコツ
プロットの速度を上げようとしている場合は、「ペンの上下移動にかかる時間の合計移動距離」が非常に重要な要素であることに注意してください。したがって、最初に垂直方向の範囲を狭くしてから、プロット結果を見て必要なら上下幅を広くしていってください。
ゆっくりと、穏やかに動かすことが可能であり、どちらもより良い筆記力をもたらし、ペンリフトモーターとペン先の寿命を延ばします。
高度なオプション
高度なオプションとして、ペンを上げ下げした後の「追加の遅延」を追加することができます。これらの垂直動作の一方または両方の動作を調整します。これらの追加の遅延は、AxiDrawコントロールの[オプション]タブで設定できます。これについては、次の節で説明します。


高度なオプション (P.37)[edit]

AxiDrawコントロールの[オプション]タブには、通常は変更する必要のない「高度な設定」がいくつかありますが、知っておくとよいかもしれません。


Auto-rotate page when printing (印刷時にページを自動回転)(デフォルト:オン)
横長(縦向き)のドキュメントは、印刷時に横方向に回転します。 (18ページを参照)
このボックスをオフにすると、文書は画面に表示される方向にのみ印刷されます。
Use constant speed when pen is down (ペンが下がっているときは定速で印刷する)(デフォルト:オフ)
チェックすると、加速を無効にし、ペンが下がっているときは一定速度でのみペンを動かします。
これにより、特定の種類のパスではパフォーマンスが向上しますが、カーブを周回するときに振動が増えます。
それは、より均一ではありますが、「自然なインクの流れ」が少なくなります。
Report time elapsed (経過時間のレポート表示)(デフォルト:オフ)
チェックすると、各プロットが終了した後に「経過時間とペンの移動距離」が、ダイアログボックスに表示されます。
このオプションは、プレビューモードで特に便利です。
Optional delays (オプションの遅延)(デフォルト:0)
これらの遅延については、前のセクションで説明されています。
Motor resolution (モーターの解像度)(デフォルト:〜2870 DPI)
2つのオプションは、約1435または2870ステップ/インチのネイティブ解像度用です。 (1mmあたり56または113ステップ)。プロットの有効解像度は変更されません。どちらも、ペンで解決できるものよりも高精度です。1435 DPIオプションはやや高速ですが、2870 DPIオプションはやや滑らかで、よりきれいなプロットになります。


プレビューモード (P.38)[edit]

プレビューモードとは?
[オプション]タブにあるその他の機能には、オフラインのプレビューモードがあります。有効にするとプレビューモードとなり、AxiDrawソフトウェアは「プロット出力のみをシミュレート」します。つまり、「USB経由でAxiDraw本体と通信しない」という非常に大きな例外を除いて、すべてが正常に動作するということです。
プレビューモードは、「ワークフローをテスト」したり、 AxiDrawがない環境でも「AxiDrawがドキュメントをどのように処理するかを確認する」のに非常に役立ちます。
プレビューモードを有効にして文書の印刷をシミュレートする場合(たとえば、[印刷]タブまたは[レイヤー]タブをアクティブにして[適用]を押す)、ソフトウェアは文書を解析し、ページの印刷方法を計算します。 特に、何らかのエラーが発生した場合、それらは通常の方法で報告されます。
作図をシミュレートするときに、[Report time elapsed](経過時間の報告)オプションが有効になっていると、ソフトウェアは「合計作図時間の概算」を提供します。
プレビューモード レンダリング
プレビューモードで利用可能なオプション機能は、プレビューモード レンダリングです。 プレビューモードのレンダリングは、「なし」「ペンダウン移動」「ペンアップ移動」「すべての移動」の中から一つを、ポップアップメニューから有効にできます。
[なし]以外のオプションを選択した場合は、ペンダウン移動、ペンアップ移動、またはその両方がシミュレートされ、Inkscape上のドキュメントレイヤのページに描画されます。 (ドキュメンテーションレイヤーはプロット出力されません。ドキュメンテーションレイヤーの詳細については、33ページの「その他のレイヤーコントロール機能」を参照してください。)
プレビュー レンダリングすることを選択した場合は、[レイヤー]パネル([レイヤー] > [レイヤー...]のメニューで利用可能)を使用して、プレビューレイヤーを非表示、表示、または削除することができます。 新しいプレビューをレンダリングするたびに、古いプレビューは上書きされます。
プレビューモード レンダリングは、プレビューモードが有効になっている場合にのみ利用できます。
プレビューモードでは、主にAxiDraw over USBと通信するように設計されている特定のモードやコマンド([Setup]タブや[手動]タブを含む)が無効になります。
ペンの動きをシュミレート (P.39)
ここで、プレビューモードを有効にし、[All movement](すべての移動)オプションを選択した状態で、[プロット]タブから[適用]をクリックすると、サンプルファイルAxiDraw_First.svgがどのようにレンダリング出力されるかを表示します。
ペンダウン時の動きは「青」で、ペンアップ時の動きは「赤」で表示されます。そして、これらのプレビューがレイヤーパネルにどのように表示されるのかを説明します。
ペンダウン図面とペンアップ図面は、プレビューレイヤ内で別々のサブレイヤとしてレンダリングされるため、一方、他方、または両方を非表示にすることができます。 これらはドキュメンテーションレイヤであるため、これらのレイヤはAxiDraw上にはプロット出力されず、それらのコンテンツは将来のプレビューレンダリングの一部としてもレンダリングされません。


手動コントロール (P.40)[edit]

AxiDrawコントロールの[Manual](手動)タブでは、選択した基本的なコマンドとユーティリティを手動で実行できます。 [コマンド]のドロップダウンリストから実行する操作を選択し、[適用]ボタンをクリックします。 2つのモーターウォーキングコマンドの場合は、AxiDrawキャリッジを移動する距離も指定できます。
手動コマンドは次のとおりです。
Walk Carriage(キャリッジを移動)
(X)または(Y)指定した距離だけ、キャリッジをXまたはY方向に移動します。 距離はインチ(1インチ= 2.54 cm)で指定され、プラスまたはマイナスになります。 ホームコーナーは「X = 0」、「Y = 0」の位置で、XとYの両方の正方向の移動はホームコーナーから離れています。
重要な注意点は、手動で[Manual]タブから移動を指示するときに制限チェックが行われないことです。 AxiDrawをその物理的限界に陥らないように注意してください。 よくわからない場合は、いつでもモーターを無効にしてキャリッジホームを手で動かすことができます。
Raise the Pen / Lower the Pen
(ペンを上げる、ペンを下げる)
これら2つのコマンドで、ペンを「ペンアップ」または「ペンダウン」の位置に移動できます。
Enable Motors / Disable Motors
(モーターを有効にする、モーターを無効にする)
これらの2つのコマンドは、2つのステッピングモーターを作動させるか、それらのモーターの電源をオフにします。 キャリッジは、これらのモーターへの電源がオフの場合にのみ手で動かすことができます。通常の利用において、この機能だけは覚えておくほうが良いでしょう。
Enter EBB Bootloader Mode
(EBBブートローダモードに入る)
「ブートローダ」モードに入るようにEBBに指示します。 このユーティリティモードは、ファームウェアの再プログラミングで使用されることがあります。 誤ってこのモードに入った場合は、AxiDrawを電源とUSBの両方から外してリセットしてください。
Strip plotter data from file
(ファイルからプロッタデータを削除する)
AxiDrawソフトウェアは、文書内に特定の設定データを保存します。 そのデータがあっても既知の問題は発生しませんが、このコマンドは必要に応じてファイルからそのデータを削除できます。


モデルとバージョン (P.42)[edit]

現在のバージョン番号
AxiDrawコントロールのバージョンタブには、お使いのコンピュータにあるAxi-Drawソフトウェアの現在のバージョン番号が表示されます。 ご使用のソフトウェアのバージョンがここに示すバージョン(1.7.x)より古い場合は、現在の最新バージョンにアップデートすることを強くお勧めします。 (15ページ「4.1ソフトウェアのインストール」参照)
AxiDrawモデルの選択
AxiDrawモデルポップアップメニューでは、使用しているAxiDrawモデルを選択できます。 あなたがより大きなモデルの1つを使用しているならば、マシンの完全なプロット領域にアクセスするために、ポップアップメニューからそれを必ず選択してください。 AxiDraw SE/A3の場合は、ポップアップメニューから「AxiDraw V3/A3」を選択してください。
ファームウェアアップデート
このタブを選択して[適用]をクリックすると、EBB(AxiDrawコントロールボード)に問い合わせ、そのファームウェアのバージョン番号を報告します。 AxiDrawは現在ファームウェアバージョン2.5.5で出荷されています。 USB通信に問題がある場合、このコマンドはEBBがコンピュータと通信していることを確認するのに役立ちます。
あなたのEBBが2.4.6より古いファームウェアバージョンを報告するならば、我々はあなたが新しいバージョンにアップデートすることを勧めます。 http://AxiDraw.com/sw にアクセスして、「ファームウェアアップデート」のセクションをご覧ください。


ホームから離れた箇所にプロットする (P.43)[edit]

※ この節の文章は、うまく翻訳できていない可能性があります。かならず原文を確認してください。

時折、書いているテーマ(例えば名前、イニシャル、リターンアドレス、または署名)が、両方とも紙のページと比較して小さく、正確に配置される必要がある場合があります。(PDFの画像のように、既成品のメッセージカードに、自分のメッセージをプロット出力したい場合などです)
通常の方法
1つの方法として、これを「通常のページ」として扱い、文書上のテキストを慎重に配置することです。 アートワークが正しい面に並んでいるかどうかを確認するために、ワークピースの上に別の「犠牲的な」紙を置くのに役立ちます。
ホームコーナーに合わせる方法
別の方法としては、文書内でアートワークをホームコーナーに合わせ、印刷したい文書の領域をペン先の真下に配置します。 テキスト全体が2つの単語で構成されている上のバレンタインカードに署名するには、ペン先のすぐ下に書き込みを開始する位置(画像の単語「me」の左上隅)を配置します。
この考えをさらに拡張すると、ホームコーナーではなく、ペンがドキュメントの他の部分に到達できる途中の地点(「仮想」のホームコーナー)から開始することで、「ホームから離れた箇所にプロットする」こともできます。 たとえば、キャリッジを手動でX = 3インチに移動し、それをプロットの開始点として使用できます。 各プロットの後、キャリッジはその位置に戻ります。 この方法を使用するときは、描画がその位置から使用可能になったより限定された範囲を超えないように注意してください。


AxiDraw用の設計 (P.44)[edit]

一般的な考慮事項
AxiDrawはペンプロッターで、基本的には単機能デバイスです。 その唯一の機能は、ペン(またはペンホルダーに取り付けられた他の道具)を、ユーザーがたどるように指示する一連のベクトル線、曲線、および経路に沿って案内することです。 グラフィックの描画、テキストの書き込み、文書への署名など、マシンが最終的に可能なその他すべてのことは、この基本機能の表現です。 それは基本的に一組の線から構成することができるものは何でも描くことができます。
円や長方形など、特定のオブジェクトタイプは自動的にパスとして扱われます。 テキストのような曲線でできている他の種類のオブジェクトは、プロットする前に(編集可能な)テキストから単純なパスに変換する必要があるかもしれません。 メニューオプション[パス]> [オブジェクトからパス]を使用して、選択したオブジェクトをパスに変換できます。
Inkscapeでデザインする場合は、A4またはUSレターサイズのテンプレートを使用して新しい文書を作成することをお勧めします。 テンプレートからファイルを作成するには、[ファイル]> [テンプレート]を選択し、[A4]、[A4横]、[レター]、[横レター]を選択します。
パスではないオブジェクト
AxiDrawは、パスで構成されていないオブジェクトを直接描画しません。 これには、画像(.jpg、.gif、.pngファイルなどのラスターイメージまたはビットマップイメージ)、および塗りつぶし、グラデーション、背景色などの効果が含まれます。 このようなことはプロットする前にパスへの変換を必要とします。 場合によっては簡単ですが、そうでない場合もあります。
注目すべき例の1つは、AxiDrawソフトウェアに含まれているハッチフィル拡張機能を使用して、塗りつぶしを作成できることです。[エクステンション] > [AxiDraw] > [Hatch fill]を選択してください。詳細は、下記の「P.52」をご覧ください。
グラフィックのインポート
AxiDrawのネイティブファイルフォーマットは、SVG(スケーラブル・ベクター・グラフィック)です。 Inkscapeで直接アートワークを作成できます。 Adobe IllustratorやCorelDRAWを含む他の多くのグラフィックプログラムもSVGを直接エクスポートできます。 Inkscapeは.eps、.dxf、.ai、.cdr、.pdfなどの形式でアートワークをインポートできます。
ファイルの種類自体が常に信頼性が高いかどうか、またはAxiDrawでの使用に適したファイルではないかどうかは注目に値します。 たとえば、Adobe Illustratorのテキストを含むPDF文書は通常は非常にうまく機能しますが、JPG形式の画像のみを含むPDFを作成することも可能です。 後者の場合、PDFファイルに収められていても、画像はまだベクトルグラフィックではありません。

※ 有志ユーザーの私の環境では、サンプルファイル以外でのSVGファイルだと、エラーが発生して使用できませんでした。Adobe Illustrator形式(.aiファイル)であれば、問題なく利用できています。詳細については、「こちらのページ」を参考にしてください。


ドキュメント内のパスを視覚化する (P.45)[edit]

フィル/ストローク
ドキュメント内のすべてのパスを表示するには、図面内のすべてのパスを選択します。メニューから、[編集] > [全レイヤーの全オブジェクトを選択] を選択してください。
次に、[オブジェクト] > [フィル/ストローク]パネルを開きます。
  • [フィル]タブで、"No paint"("X")を選択します。
  • [ストロークの塗り]タブで、「フラットカラー」を選択します。
  • [ストロークのスタイル]タブで、0.020インチまたは0.5 mmなど、一定の幅を選択します。
この手順は、一般的にAxiDrawがページをどのように見るか、「プレビュー」を提供します。 これは単なるプレビューであり、作図方法の正確な表現ではありません。 たとえば、オブジェクトがまだパスに変換されていなくても、オブジェクトの周囲の輪郭が表示されます。
プレビューモード
文書がどのようにプロットされるかをより正確にプレビューするには、レンダリングを有効にして「プレビューモード」を試すことをお勧めします。38ページの「9.8プレビューモード」を参照してください。


フォント、文字、そして言語 (P.46)[edit]

繰り返しになりますが、AxiDrawはあなたがそれに与えたベクトルパスをたどるように設計された単機能デバイスです。 作成する文書には、プロットする前にパスに変換される限り、さまざまなテキストやグラフィック要素をいくつでも含めることができます。
その唯一の機能はパスをたどることであるため、AxiDraw自体はフォントを使用せず(組み込みまたはその他の方法で)、いかなる言語についても知識を持っていません。 したがって、ある言語を他の言語より優先することはなく、適切な入力を提供できる限り、英語、日本語、またはアラビア語で書くことも同様に嬉しいです。 同様に、外字や手書き風のフォントを含め、あらゆる書体スタイルまたは文字セットのフォントを使用できます。
コンピュータにインストールされているほとんどのフォント(TrueTypeフォント、OpenTypeフォントなど)は、Inkscapeから直接アクセスできます。 Inkscapeでテキストオブジェクトを作成および編集するには、ここに表示されているアイコンをクリックするか、キーボードのF8キーを使用して選択します。 使用可能なフォントは、[テキスト]> [テキストとフォント...]のメニューからアクセスできる[テキストとフォント]パネルを使用して選択できます。
編集可能なテキストをプロット可能なパスに変換するには、それらを選択してメニューからパス>オブジェクトからパスへを選択します。 後でテキストを編集したい場合は、パスに変換する前に文書のコピーを別に保存しておくことをお勧めします。
この例は、Mac上のフォント「Savoye LET」を使って作られました。


アウトラインフォントについて (P.47)[edit]

すべての現代のコンピュータフォント - TrueType、ポストスクリプト、OpenTypeなどのフォーマットで見つかるもの - はアウトラインフォントです。 アウトラインフォントでは、フォントファイルの各文字はベクトルのアウトライン形状を表します。これは、画面に表示したり、インクジェットプリンタやレーザープリンタでレンダリングしたときに、小さなピクセルで埋められます。
ペンプロッタを使いたいときは事情が異なります。 前のセクションで説明したように、アウトラインフォントのテキストをプロット用のパスのセットに簡単に変換してから、それをAxiDrawでプロットすることができます。 そうすると、機械はそのアウトラインであるそのフォントファイルに含まれる実際のベクトル形状に従います。
以下は一般的な手書き風フォントで書かれたテキストの例です。
サンプルの上部には、通常は画面に表示されるように、またはレーザープリンタで印刷したときに入力されたテキストが表示されます。 下部にはアウトラインが表示されます。フォントファイルに含まれる実際のベクトル形状、およびペンプロッタで印刷したときの出力の外観。
さて、あなたがAxiDrawで手書き風の出力を作成するという意図でその手書き風のフォントを選んだなら、これはおそらくあなたが意図したものではありません。
この予想外の振る舞いの原因は、手書き風のフォントにストロークのような手書き文字が含まれていると簡単に(誤ってではあるが)想定できることです。 文字「t」と「x」はどちらも重なり合う2つのストロークで構成されている可能性があり、「O」は単一のループである可能性があるように見えます。 ただし、アウトラインフォントが画面に正しく表示されるようにするために、「t」と「x」は代わりに単一の複雑な形状で構成され、「O」は2つの同心円ループで構成されています。
非常に明確にするために:文字の視覚的に明白な中心線を表すまたはそれに対応するアウトラインフォント内に含まれる絶対的なデータはありません。 この事実はすべての標準的なコンピュータフォントに対して一貫しており、あなたがそれを知っている限り、予期しない動作をすることはないでしょう。
手書き風の出力に対する提案
自然な手書きの出力に近い出力を得ようとすると、「輪郭を描かれた」効果は一般的に望ましくありません。 それを軽減するために、細くて一貫したストローク幅を持つ手書き風フォントを選択してください。 フォントが複数の太さで利用可能な場合は、利用可能な最も軽いものを選択します。 これは、中型または幅広のペン先ペンの使用と組み合わせると、アウトラインの両側が混ざり合うようになることがよくあります。
幅の広いペン、特に幅の広いペン先の万年筆を使用することは、文書を手書きに近づけるための最も効果的な方法の1つです。 出発点として、自然な手書きのフォントサイズ(おそらく18ポイント)に近い、より大きなフォントサイズを選択することも役立ちます。 人間は手書きで書くとき、通常のタイプされた作品よりはるかに大きく書く傾向があります。
自分の手書きに基づいてカスタムの手書きフォントを作成したい場合は、提供されているサンプルに基づいてフォントを作成できる無料のサービス(http://calligraphr.comなど)がオンラインであります。 それでも、(1)これらは標準(アウトライン)フォントであり、上記のアドバイスは依然として適用されることに注意してください。 ほとんどの場合(2)、手書きで自動生成されたフォントは、高品質の手作りフォントと比較してかなり粗雑になる傾向があります。
ブロック出力と表示出力に関する提案
大きなブロック文字を含むテキスト、表示テキスト、または他の広い断面を持つ文字を扱う場合は、手書きの「反対」のケースが発生します。 このようなテキストは非常に目に見える輪郭を持つでしょう、あなたは通常インクで埋めたいでしょう。
これを行う最良の方法は、52ページの「10.9テキストと図形を塗りつぶす」で説明されているようにハッチ塗りつぶし方法を使用することです。ハッチ塗りつぶしを適用すると、 形を記入するために従ってください。 このようにテキストを入力するのは直感に反するかもしれませんが、アウトラインフォントをどのように使用することを意図しているかにより近い方法です。アウトラインはインクで埋められます。


ストロークフォント (P.49)[edit]

通常のコンピュータフォント(アウトラインフォント)に加えて、Axi-Drawのようなペンプロッタでは、場合によっては、ストロークフォントと呼ばれる特殊なフォントの2つ目のクラスや彫刻フォントを使用できます。 ストロークフォントでは、各表示文字は、アウトライン内の領域とは対照的に、幅がゼロ以外のストロークで定義されます。
それらはいくつかの深刻な欠点を持っていますが、ストロークフォントは効率的に描画するのでペンプロッタでの使用に理想的です(例えば、 "o"は2ループではなく1ループです)。 (中心線を持つ)フォントの特性が人間の書き方をよりよく模倣しているので、それらは手書き風のアプリケーションに特に適しています。
次のテキストのサンプルは、Hershey Textという特別なアプリケーションを使って、ストロークフォントでレンダリングされています。 2行目は1行目と同じですが、各文字内の個々のパス(ストローク)を色分けして区別できるようにしています。
ご覧のとおり、ここでの「t」や「x」などの文字は、交差する2つのストロークで構成されています。 同様に、このフォントの文字「o」は単一のループで構成されています。 この特定のストロークフォントはシングルストロークフォントです。表示される各行は1つのパスだけで構成されているからです。 他のいくつかのストロークフォントは、代わりに、太字フォントなど、より広い文字を構成するために複数のストロークを使用する。
ストロークフォントには2つの重大な欠点があります。 まず、通常のコンピュータフォントではないため、他のフォントと同じように使用することはできません。 たとえば、通常のフォントとしてコンピュータにインストールしたり、ワードプロセッサやグラフィックアプリケーションで使用したりすることはできません。 第二に(そしてその主な理由のために)現在利用可能なストロークフォントはほとんどありません。 これらの問題にもかかわらず、あなたがそれらを使用することができるいくつかのケースでは、それらは努力の価値があるので、ストロークフォントはまだ言及する価値があります。


Hershey Text (P.49)[edit]

Inkscapeには、Hershey Text(ハーシーテキスト)と呼ばれる私たちが開発した小さなアプリケーションが含まれています。これは、含まれる少数のストロークベースのフォントで短いテキストの断片をタイプセットすることができます。
Hershey Textを使用すると、編集可能なテキスト(つまり、入力したテキスト)が取得され、それをペンがたどることができる一連のベクトルパスにレンダリングされます。 テキストをパスに変更した後は、テキストのように編集することはできません。変更されたとおり、Inkscapeのパス編集ツールを使用して編集できる一連のパス(線と曲線)です。
Hershey Textは、メニューのExtensions> Render> Hershey Textで見つけることができます。短いテキストの断片をレンダリングするだけでなく、Hershey Textを使用して、使用可能なシングルストロークフォントの表を生成することもできます。
Hershey Textがパス(編集不可能なテキスト)をレンダリングするという事実に加えて、含まれるHersheyフォントのセットには2つの重要な制限があります。
(I):フォントのセットは制限されています。 (現時点では)拡張できません。
(II):各フォント内の文字セットは、基本的なASCII(英語)文字に制限されています。 現時点では拡張できません。
Hershey Textの将来のバージョンは、拡張文字セットとカスタムフォントフェイスの追加を可能にする新しいファイルフォーマットを使用するでしょう。
その他のシングル・ストローク フォント リソース
Hershey Text以外にも、同じエンジンを使用して段落テキストの全ページをストロークフォントに変換できる、Hershey Advancedという新しいソフトウェアを現在開発中です。 AxiDrawユーザーにはベータ版が提供されています。 このソフトウェアへの早期アクセスをご希望の場合は、直接お問い合わせください。
https://shop.evilmadscientist.com/contact
シングルストロークフォントの他の多くのソースへのリンクは、IJインストルメンツのSingle Line Fontsページにあります。
http://bit.ly/1SweD6c


シグネチャと手書きのキャプチャ (P.51)[edit]

署名やテキストの全ページなど、手書きのテキストをAxiDrawがプロットできるものに変換する最善の方法は、直接手書きのキャプチャ、または「リアルタイム」キャプチャと呼ばれるものを使用することです。
直接キャプチャでは、コンピュータを使用して各ストロークを書いたとおりに記録してから、結果として得られたパスのセットをベクトルアートワークファイルとして保存します。 この方法は、手書き文字を複製するときにも使用できます。 たとえば、歴史的な署名を複製するときは、既存の文章のストロークに沿ってトレースし、トレースしながらそれらのストロークをキャプチャする必要があります。
手書き文字をキャプチャしてトレースする方法の詳細については、jSignatureへのリンク(自分の署名をリアルタイムで簡単にキャプチャできるプログラムを含む)など、このトピックに関する詳細なドキュメントを参照してください。
http://wiki.evilmadscientist.com/capture
このページへのリンクは私達の主要なドキュメンテーションサイトにもあります。
http://axidraw.com/docs
余談:スキャンした手書きのトレース
これについてよく聞かれることですが、スキャンされた手書き文字をAxiDrawのようなプロッタがたどることができる一連の高品質のベクトルパスに自動的に変換する直接的な方法はないことに注意してください。 中心線追跡のような単純なアプローチでは、実際の人間の手書きの品質や特徴に近いことはめったにありません。
これは、「手書きの軌跡の再構築」と呼ばれる人工知能における長年の問題です。それを解決することは、AxiDrawソフトウェアがサポートしようとしていることの範囲外です。 (繰り返しになりますが、AxiDrawの機能はあなたがそれに与えたベクトルをプロットすることです。)
手書きの軌跡の再構築を実行するソフトウェアがいつか存在するようになると、AxiDrawはその出力をプロットする準備が整います。


テキストと図形の塗りつぶし (P.52)[edit]

AxiDrawソフトウェアには2つ目のInkscape拡張機能が含まれています。これは、ページ上のペンストロークで記入できるように、パスでar-easを記入することができます。 あなたはそれをメニューの拡張> AxiDraw>ハッチ塗りつぶしで見つけることができます。
ハッチ塗りつぶしは、選択されたオブジェクトを前後の線で、間隔と角度を調整しながら塗りつぶします。 ハッチングの間隔は画面のピクセル単位(px)で測定され、デフォルト値の5.0はワイドパーマネントマーカーに適しています。 間隔を狭くすると塗りつぶしがより均一になり、間隔を大きくするとシェーディング用の従来のハッチ塗りつぶしが作成されます。 「ライブプレビュー」オプションを使用すると、実際に図形やテキストに適用しなくても、さまざまな選択の効果を確認できます。
[近くの端を接続]オプション(デフォルトで有効)は、ハッチングラインの端を接続して、非常に効率的にプロットされる長いウィグリングパスを作成します。 縁から塗りつぶしを挿入するための追加オプションがあります。 これは、ハッチ塗りつぶしを使用するときの「線の外側の色付き」を防ぐのに役立ちます。
以下は、ハッチフィルでさまざまな設定を使用する方法の例です。 以下の各例は、細かいローラーボールペンのそれと同様に、0.016インチ(0.4 mm)のストローク幅で、実際のサイズが示されている。 許容差パラメータを1.0に設定しました。
上の例(4)と(6) - 端から差し込み45度のハッチが1つあり、両端がつながっている場合 - ほとんどの状況で通常良い結果が得られます。 (使用するペンなどに基づいて)調整する必要がある主なパラメータは、ハッチ間隔です。


画像をベクトル化する (P.54)[edit]

画像(jpg、png、photoshopファイルなど)をベクトルアートワークに変換するプロセスは、通常AxiDrawソフトウェアの範囲外です。 それはそうする方法はよくある質問なので、私たちはこの件に関していくつかのメモを含めています。
写真をペン対応のベクターラインアートに変換するプロセスは、「スケッチ」という言葉で最も正確に説明できます。つまり、ファイル変換の問題ではなく、むしろ芸術的な解釈の問題です。 一組のストロークで写真を表現する方法は無数にあります。 プロッタを扱うアーティストは、この種の変換を実行するために独自のプログラムを作成することがよくありますが、これらのプログラムのいくつかについて説明します。
Inkscapeには、パス>トレースビットマップのメニューにあるベクトル化ツールが含まれています。 暗い領域の輪郭をなぞることで機能します。 これは機能しますし、非常に単純な図形には便利な場合もありますが、一般的にプロッタではうまく機能するような高品質の出力は生成されません。 あなたは(例えば)幽霊のような効果、あるいは入力写真上の漂遊ピクセルを表す何万もの小さなループに終わるかもしれません。
これは包括的なリストにはほど遠いですが、ここでは異なるベクトル「スケッチ」プログラムからの出力の3つの例があります。 これら3つすべては、Processing開発環境で書かれ実行される無料のプログラムです。
この肖像画は、SquiggleDrawを使った画像から生成されました。
https://github.com/gwygonik/SquiggleDraw
左側の上の肖像画は、StippleGenによって生成された、サイズの異なる何千もの小さな円で作られた点描です。
http://wiki.evilmadscientist.com/stipplegen
右側の上の肖像画は、単一のさまよう線で構成されています。 このようなプロットは、ペンの上/下への動きがないため、印刷が早くなる可能性があります。 これはScribbleDrawと呼ばれる実験的なプログラムで生成されました。
https://shop.evilmadscientist.com/contact


メンテナンスとトラブルシューティング (P.56)[edit]

AxiDraw V3は、通常の条件下では定期的なメンテナンスを必要としません。
油を塗らないでください。
requiredThe Xキャリッジには、XシャフトとY部分をスライドさせるためのホイールが含まれています。 ホイールには、グリースが恒久的に充填された、シールドされたおよび/またはシールされたボールベアリング機構が含まれています。 ペンリフト(Z)ステージは、グリースを含まないテフロン充填滑り軸受を使用しています。 スライド機構にオイルやグリースを塗らないでください。
クリーニング
AxiDrawは、柔らかくてきれいな布で拭いてください。 非電子金属部品は、必要に応じて石鹸と水で湿らせた布で拭いてください。 他の洗剤や溶剤は避けてください。 モーター、ケーブル、またはコントローラーボードを濡らさないでください。
ストレージ
AxiDrawは、キャリッジと一緒にホームポジションまたは(特に箱に入れる必要がある場合)反対側の隅に収納することを推奨します。 完全に拡張され、最も低いプロファイルを持っています。 使用していないときにAxiDrawのプラグイン電源を取り外すと、機械の寿命が延びます。
ベルトのテンション
AxiDrawは、2つのモーターとYキャリッジの周りに「X」で輪になった単一のタイミングベルトを使用します。 このベルトは少しずつ少しずつ伸びていくことがありますが、必要に応じて、固定されている場所で再度張力をかけることができます。 必要な六角レンチ(2.5 mm)はAxiDrawに含まれています。 実際に必要な場合以外は、ベルトを張らないでください。
レンチ
いくつかの「六角レンチ」と「2つの薄型のクレセント」が、Axi-Drawに含まれています。
そのうちの1つ - ボールエンド5/64インチ(2 mm)レンチ - は、ペンを垂直方向と角度方向の間で切り替えるために使用されます。 他のレンチは「念のため」に用意されており、ほとんどの場合必要ありません。 しかし、何かが緩んできた場合は、適切なツールを用意しておくと便利です。 必要に応じてテクニカルサポートにご連絡ください。
配線
あなたのモーターワイヤーがどこかの点で切断されるべきなら、ここにそれらが行くところです。 左のモーター:「モーター2」の位置、黄色、赤、緑、灰色(上から下)。 右モータ:モータ1(同じ順序)。 サーボケーブル:B1(左側の一番下の3本のピン)、黒線はボードの端に向かっています。 10ページの「2.3箱から取り出す」の図も参照してください。
ペンリフト サーボモーター
AxiDrawの唯一の「消耗品」コンポーネントは、小型の青いペンリフトサーボモーターです。 それらは時間の経過とともに消耗しますが、安価で交換が簡単です。 ヘビーデューティー用途のために、あなたは手元に予備を保つことを望むかもしれません。 交換や予備が必要と思われる場合は、カスタマーサービスに連絡してください。
ポジションの喪失
通常の操作ではうまくいかない可能性がある最も重要なことは、キャリッジの移動中に位置制御が失われることです。 これは通常、大きな研削音またはしゃがみ音として現れます。 これは、あまりにも速い速度で移動している場合や、作図前にホームコーナーに移動しなかった場合や移動中にぶつかった場合など、キャリッジが予期しない障害物にぶつかった場合に発生する可能性があります。
このような場合は、できるだけ早く一時停止ボタンを押してプロットをキャンセルしてください。 必要に応じて機械の電源を切ってください。 ペンを上げ、セットアップタブでモーターをオフにしてモーターをオフにし、キャリッジをホームコーナーに手動で戻してから再度プロットします。 健全性チェックとして、プロットが終了したらキャリッジはホームコーナーに正確に戻るべきです。
サービス、修理、および部品のサポート
AxiDrawは実用的であるように設計されています、そして我々は助けるためにここにいます。定期的な交換は必要ありません。ただし、必要に応じて、機械のほとんどの部分を緩めて交換することができます。トラブルシューティングや機械的な問題の解決について支援が必要な場合は、直接テクニカルサポートに連絡してください。


ヒントとコツ (P.58)[edit]

1. クッション紙の上に置く
少しクッションのある「小さな紙の束」(例えば5-10枚)の上に置くことで、より良い印刷品質を得ることがあります。
2. 上質紙を使う
上質紙(特にペンで使用するように設計された紙)は、安価なコピー/レーザー紙よりも劇的に良い結果をもたらす傾向があります。 滑らかな仕上げのブリストル紙は、ペンでうまく機能するように設計された紙の好例です。
3. 平らな場所に置く
あなたの紙が保持されていることが平らであるほど、あなたの印刷品質は良くなります。 用紙がゆがんだり「バブル」したりすると、ペンの書き込み時に曲がり、ゆがみが生じます。 泡やゆがみが十分に高い場合、それはペンアップの動きの間にあなたのページの上に浮き跡をもたらすことがあります。
4. ペンの垂直移動を減らす
ペンリフト サーボモータが振動を引き起こすので、必要とされる垂直ペン移動量を減らすことも印刷品質を改善できます。 プロットも速くなります。
5. コンセントを確認する
どのモータも動かず、(1)すべてが正しいように見え、(2)コンピュータがエラーを報告しない場合は、9V電源がコンセントに差し込まれていることをトリプルチェックします。
6. ペンの先端をスペーサーに乗せる
マルチカラープロットを作成するときは、各ペンが用紙の上の同じ高さに設定されていることを確認することで、ペンを切り替えるときに見当合わせがよくなります。 これを行う良い方法は、ペンを所定の位置に締め付けるときに、ペンの先端をスペーサーに乗せることです。 小さく平らな木、プラスチック、または金属を使用してください。
7. 他のパーツの取り付け
AxiDrawのペンホルダーを完全に外し、他の種類のツールをYキャリッジの前面に取り付けることができます。 他のタイプの工具ヘッドをそこに取り付けるために、4つのM4タップ(またはタップ可能)穴があります。
8. ペンの乾きを防ぐ
ペンアップ位置に1〜2分間放置すると、特定の種類のペンが「乾く」ことがあります。 これは、機械がもう少し引き出すまでインクが流れ始めないという厄介な状況につながる可能性があります。 このようなペンを使って作業するときは、印刷する前に、ちょっとした引っかき紙で先端を「にじませる」ことをお勧めします。
9. スタイルの適用方法
パスに適用されたスタイル(幅、色など)は通常、Axi-Drawソフトウェアでは無視されます。 破線があり、それを破線で表示したい場合は、[内線] - [パスの変更] - [破線に変換]を使用して、破線を別々のパスセグメントに変換します。
10. ペンキャップを外す
他のすべてが同じであれば、より軽量のペンで最良のプロット結果が得られます。 ペンキャップを外したままにしておくと、通常は少し体重を減らすのに適しています。
11. 幅の広いペン先を利用する
出力の品質を向上させるためにできる最も簡単なことの1つは、中程度または幅の広いペン先の万年筆を使用することです。 (Lamy Safariは素晴らしいスターターチョイスです。)
12. 輪ゴムを使う
ボールペンで使用する場合や、AxiDrawを他の方向に操作する場合(ペンを引っ張るのに重力が容易に利用できない場合)に、図のように1本の輪ゴムをペンホルダの周囲に緩く巻き付けることができます。 表面に)。 実際に必要な場合以外は、輪ゴムを追加しないでください。 それはペンリフトサーボモーターの寿命を縮めるでしょう。 試験用のラバーバンドはAxiDrawに含まれていますが、時間の経過とともに劣化します。
13. ショートカットを使う
InkscapeにはキーボードショートカットのAlt-Q(MacではOption-Q)があり、これは最後のInkscape拡張機能をもう一度実行します。 これは、AxiDrawコントロールパネルを再度開かなくても、プロットのコピーを1つ追加するなど、コマンドを繰り返すときに便利です。
14. SVG形式で保存する場合
Adobe IllustratorまたはCorelDRAWから、SVG形式でグラフィックを保存する場合に役に立つヒントとして、SVGエクスポートオプションで「プレゼンテーション属性」オプションを選択することです。 これは通常、Inkscapeで書式設定をより良く機能させるのに役立ちます。
15. 出力順を変更させる方法
ページ上のオブジェクトがプロットされる順序は、通常、最初に描画された順序によって決まります。 同じレイヤーの「低い」オブジェクトは、同じレイヤーの「高い」オブジェクトよりも先に印刷されます。 オブジェクトを並べ替えるには、「Object> Raiseコマンド」と「Object> Lowerコマンド」を使用します。
16. 複数のAxiDrawを駆動するには?
特定のコンピュータから複数のAxiDrawを駆動する必要がある場合は、特別なバージョンのAxiDrawコントロールが利用可能です。 そのバージョンでは、それぞれのAxiDrawに「ニックネーム」を割り当て、AxiDrawコントロール内からどちらを使用するかを指定できます。 これが役に立つ場合は、テクニカルサポートに連絡してください。


関連項目 [edit]

AxiDraw 日本語トップページ
導入ガイド ユーザーガイド V3
ユーザーガイドのダウンロード (英語) - ソフトウェアのインストール (英語)
ヒント ペンの選択 (英語) - マルチカラー出力 (英語) - 画像をトレースする (英語) - 点描ソフトウェア (英語) - レイヤー管理 (英語) - 手書きのキャプチャー (英語) - RoboPaintでAxiDrawを使う - AxiDraw基本例セット
Q&A よくある質問 - トラブルシューティング
外部リンク 公式サイト - 公式ショップ - ロボショップ - RakuNewショップ - docket store - ゆきの散歩道 - マルチカラー出力 - Youtube動画
その他 テンプレートを編集